ニキビができたときの洗顔?

ニキビは、10代の思春期によるものと20代以降のものではタイプが異なるために原因が違います。しかし、洗顔の方法は基本的には同じですので、覚えておきましょう。

まず、洗顔が朝と夜の2回だけ行います。つい気になって1日に何回も洗う人がいますが、洗い過ぎはかえってお肌への刺激になってしまいます。洗顔料は皮脂をしっかりと落とし、泡立ちがいいものを選びます。ルナメアAC 思春期ニキビ

洗う時は、髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドなどをしてから行います。顔を洗う前に、手を洗うことで雑菌がニキビの炎症を悪化させるのを防ぐことができます。

お湯の方がしっかりと皮脂を落とせるような気がしますが、暑すぎるとお肌に必要なうるおいまで洗い流してしまいます。ぬるま湯を使って洗いましょう。

洗顔料はよく泡立てて、お肌とのクッション性を高めておくとニキビの刺激になることなく、やさしく洗うことができます。

泡立てるのが苦手な場合は、専用のネットを使えば簡単に濃密な泡を作ることが可能です。

 

顔全体をゴシゴシこすることなく、やさしく洗ってからは、すすぎです。適当にやっている人が意外と多いですが、すすぎ残しはニキビの原因になります。

フェイスラインや生え際などは特に意識して丁寧に流します。この時も、ぬるま湯を使いましょう。

きれいにすすいだら、清潔なタオルで水分を抑えるように吸い取ります。お肌が乾燥しないように、すぐに化粧水を塗って、お肌にうるおいを補給してあげましょう。

コメントは受け付けていません。