花粉症の症状の親を持つ子供の発症率?

花粉症の子供が年々増えている、というのは親にとってはショックな報告ですよね。まだ免疫力の弱い子供が花粉症にかかると、鼻や目にひどい症状が出てしまうこともあり、日常生活に影響して本当にかわいそうです。

花粉症から子供を守るには、親が注意してあげて、できるだけ花粉から子供を遠ざけることが大切ですね。花粉症の親を持つ子供の、花粉症の発症率はなんと80%を超えると言う報告もあります。そして、花粉症の子供は、なんらかのアレルギーやアトピー、ぜんそくなどを併発している確率もとても高いのです。

さらに、アレルギー体質を持たない子供や3歳以下という幼児にまで、花粉症になる子供が増えているという実態もあります。うなじニキビ

 

もはや、子供の花粉症対策は必須と言えるかも知れませんね。

基本的な花粉対策はもちろんのこと、食生活や生活環境に注意したり、花粉の飛散がピークの時期には外出をできるだけ避けることも気をつけたいものです。

とはいえ、活発な子供のことですからなかなか親の目が届かない、ということもあるでしょう。最低でも、家に入る前には体についた花粉を払い落すことうがい、手洗いをしっかりすること、を習慣として身につけさせて下さい。花粉時期は、エアーマスクを使ったり、乳酸菌をしっかり取らせたりすることも良いですね。

コメントは受け付けていません。