薄毛に注意!シャンプーは洗いよりもすすぎが重要

日本人男性のうち薄毛で悩む人は今や3人に一人と言われるくらい増えています。その背景には食事バランスや運動不足など生活習慣的な要因ももちろんありますが、その中の要因の一つとして、間違ったシャンプーのやり方にあると言われています。

最近ではスカルプシャンプーや育毛シャンプーなどという言葉も一般的に認知されるようになりました。テレビCMでもガンガン流れているし、雑誌などでも大きく広告を出しているので非常に人気のあるアイテムとなっています。

しかし、実はそのシャンプーが薄毛の進行をさらに加速させている可能性があるのです。

その理由はシャンプーの洗い方にあります。

正しいシャンプーの洗い方で薄毛を予防!

さて、ここであなたに質問があります。あなたはシャンプーをする前に、どのくらい髪をすすいでいますか?

シャンプーを使わずとも、お湯洗いするだけで髪の汚れの7割程度は落とせると言われています。シャンプーを手に取るまえに、しっかりとお湯で髪だけでなく地肌である頭皮の皮脂もマッサージするように洗い落としておきましょう。

次にようやくシャンプーです。少量を手に取り、しっかりと泡立ててから頭皮を洗っていきましょう。髪にシャンプー液を付けてから泡立てる人が多いですが、これもNG。いくら頭皮に良いシャンプーを使っていたとしても、所詮は界面活性剤が少なからず入っています。頭皮に残留ささないためにも、しっかりと泡で洗うようにしましょう。

最後にすすぎです。ここが一番重要で、少しでもシャンプー液が頭皮に残ると皮脂詰まりや炎症を起こし薄毛を加速させてしまいます。シャンプーで髪の毛が生えることはありませんが、シャンプーで髪の毛が抜けることは多いにありえるのです。目安としては自分でOKと思った時間の3倍くらいを目安にすすぐといいでしょう。

 

多くの人はシャンプー選びには必死になりますが、シャンプーのやり方については詳しく学ぼうとしません。まずはしっかりと正しい洗い方を身につけ、育毛に適した頭皮環境になるようにしていきましょう。とくに10代や20代からのケアが重要です。若ハゲで悩んでいる男性はあなたの周りにもきっといるはず。若いからまだ大丈夫などと思わずに、今のうちに将来のためしっかりと正しいケアをしておきましょう。

コメントは受け付けていません。